沖縄看護専門学校

INSTITUTION

この施設について

「教育は人なり」を実践するため、環境・設備・講師のすべてを充実

「教育は人なり」といいます。優秀な当校講師陣に加え、琉球大学をはじめ各分野の専門家を講師にお迎えしています。さらに、高度情報化社会に対応できる看護師をめざし、コンピューター技術の習得にも取り組んでいます。

沖縄看護専門学校 学校長 金城 美智子

沖縄看護専門学校 学校長金城 美智子

沖縄看護専門学校の特長

沖縄看護専門学校は、創設者で前理事長の大浜方栄先生の教えである「人間として成長する」「専門職の資格を取得する」などの想いや「真・善・美」による全人教育を理念に掲げ、豊かな教養と人格を兼ね備え、問題解決のできる有能な看護師の育成を目指しています。平成29年2月には、文部科学大臣から職業実践専門課程の認定を受けることができました。これまで地域と連携しながら看護師養成を行なっていることや教育課程の編成や学校評価などを公表し実践的な看護教育を常に探求し続けるなど、適切な学校運営が認められました。
また、本校はおもと会グループの教育養成施設として各施設との連携を密に図り、学生の実習施設として大浜第一病院をはじめ各施設より看護教育に協力を賜り、大浜第一病院からは、本校の実習指導教員として毎年2名の看護師に出向頂いております。実習の体験から就職へ結びつくことも多く、出向してきた看護師は学生の憧れの的でありモデルナース的存在として輝いております。
平成4年に創立以来、本校卒業生で就職希望者の就職率はこれまで100%を維持しており、ほとんどの学生が第一希望の施設へ就職しております。卒業生の6%前後は助産師や保健師など更なる高みを目指して進学しております。
国家試験対策では、全国模擬試験においても県内1位を占めることが多く、3年時には全員が1年間で国家試験関連問題5000問を解き、学内教員による補習講義や非常勤講師の特別講義では弱点克服に重点をおき対応するなど大きく貢献しております。

メッセージ

看護師養成では、看護師としてこれまで患者と接してきたあなた自身の看護観を伝えることから始まります。臨床において、あなたの看護を患者へ届ける際や、チームとして働く際には教育的な思考が既に存在しています。これまでの経験から積み上げたスキルや知識、教育力を、看護師を目指す学生に伝え、育んでみませんか。
私自身、入職当初は右も左もわからず、すぐにでも臨床に戻りたいと思ったこともありました。また、臨床では自分自身が行なった行為に対する答えはすぐに表れますが、学校では学生に伝え、その学生が吸収し、現場で実際に発揮するまでには数年という歳月がかかることも多々あります。しかしながら学生が一歩ずつ確実に成長し、卒業する頃には看護師としてだけでなく、ひとりの人間として立派に成長した姿を目の当りにした瞬間、やりがいへと変化しました。
他に、育児の経験も「育む」という点では大きな力となります。子育て中のお母さん求職者にとって、残業や休日出勤、夜勤が無い環境は魅力だと言えるでしょう。
また、本校では教員自身のスキルアップにも力を入れており、県内外の研修費の負担はもちろんのこと、厚生労働省が定める看護師養成所の教員指定規則の条件を全て備えていない場合でも入職後、条件を満たすまで万全のサポート体制を整えています。
是非、あなたの持つ看護観を学生に伝えながら、私たちと一緒に後輩育成をしてみませんか。

SUMMARY

施設概要
施設名称
沖縄看護専門学校
住所
〒901-1393 沖縄県与那原町字板良敷1380-1 4F・5F
TEL
098-946-1414
学生定員
240名
職員数
24名
事業内容
専門学校 / 看護学科(定員80名)
ホームページ
http://omoto-kango.ac.jp/

MAP

地図

RECRUIT

沖縄看護専門学校の求人一覧

現在、沖縄看護専門学校では0件の求人を募集しています。