看護職

看護体制

SYSTEM

看護体制
看護方式固定チームナーシング + PNS導入中
勤務体制均等3交代 2交代併用
日勤 8:30~17:30
準夜 16:00~00:30
深夜 00:00~09:00
その他 (早出) 7:00~16:00
(遅出) 11:00~20:00
ICU集中治療室
  • 看護師配置2:1
  • 看護師比率100%
  • 在院日数14日以内
  • 夜勤体制看護師3名
一般6~9F病棟(一般病棟)
  • 看護師配置7:1
  • 看護師比率70%以上
  • 在院日数18日以内
  • 夜勤体制

    看護職員 常時3~4名
    看護補助者 1名(7・8Fのみ)

  • 重症者割合30%以上
  • 在宅復帰率80%以上
  • 急性期看護補助者体制加算25:1
  • 夜間急性期看護補助者体制加算100:1
10F回復期リハビリテーション病棟
  • 看護師配置13:1
  • 看護師比率40%以上
  • 在院日数90~180日
  • 夜勤体制

    看護職員 2名
    介護福祉士 1名

  • 看護補助加算30:1
看護記録POS方式

TEAM NURSING

固定チームナーシング
1.固定チームナーシングの目的
1)患者に責任を持って継続した質の高い看護を目指す
2)看護スタッフのやりがい感、自己実現を目指す
3)成果のある看護スタッフの育成
2.定義と運営上のポイント
1)各チームは年間目標を持つ
① 1年間で達成可能な自発的な課題であること
② 目標表現にすること
③ 小集団(チーム会)に参加し決定する
④ 計画は、4W1Hで立案する
2)各チームは患者グループを継続して受け持つ
① 患者グループは、現状分析の結果から継続看護(夜勤帯も同一チームでみる)と年間目標につながるようなグループに分ける
② PPC(重症度別)でわける
③ 隣接した病室または発達段階で分ける
④ 病室移動が同一チームで可能な分け方を検討する
3)リーダーとメンバーを一定期間(約1年)固定し、役割と業務を明確にして活動する
① 一定期間の看護チーム組織図を作成する
② リーダー、サブリーダー・受け持ち看護師の役割と業務を一定期間及び日々の固定チームに分けて成文化しておく
③ 個々のナースは責任と権限委譲の範囲を自覚し、ポジションパワーを発揮しておく
4)個々の患者には継続する受け持ち看護師が存在し、固定チームが支援する
① 新人ナースや他職種とのチームでは3人くらいの小グループで個々の患者ごとに役割分担して受け持つなどの工夫が必要。
② 勤務計画を工夫する。
5)年間のチーム活動と日々のチーム活動があり、応援機能をもつ。
① 看護チーム全体がわかる情報共有の方法(道具)の開発
② 勤務計画に関する約束事の決定と共通理解
③ 勤務スタート時の業務調整ミーティング
④ 各々のチーム活動を示す、その日のチームワークシートを作成し、24時間継続して活用する。

PNS

PNS導入に向けた取り組み
  • ・新看護体制導入に向け、各部署の看護科長・看護主任を中心に平成29年度はPNSの文献学習を実施し、平成30年度は毎月2回「PNS検討会」で予測される課題などを話し合っています。
  • ・各部署でPNSのDVD視聴会、パートナーシップ・マインドについての学習会、当院で実施するためのスケジュール表と業務内容を具体化し、PNS導入に向けて取り組んでいます。
看護方式の違い